お墓は引っ越し、または閉じることができます

当事務所は司法書士事務所であり、相続のほか生前対策のご相談をいただくことも多くあります。

その中でお墓をどうするかというご相談もしばしばあります。

自身が亡くなった後、お子さんが遠方であるため、現実にお墓の管理が難しい、そもそも管理を継続しうるお子さんがいない。

あるいは、今住んでいる待にお墓があるが、遠方へ引っ越さなければならなくなった、遠方のお墓を管理していてくれていた親族が亡くなってしまった。

お墓自体は近くなのだけど、山にあるなど長い坂道や階段を上がっていかなければならず、年齢などから墓参りや管理が大変になってしまった。

このような場合に、お墓を近い場所や行きやすい場所へ移す、あるいは、今のお墓は閉じて合祀墓に埋葬し、代わりに供養してもらうなどの方法をとることができます。

参考
⇒墓じまいは先祖に申し訳ない?

 

当事務所では、この墓じまいの代行を承っています。

 

司法書士・行政書士と許可業者共同で適法、適切に行います

墓じまいは、お墓の移動のための許可申請(改葬許可申請)などの行政手続と、実際にお墓を解体、移動、移築(建墓)する作業とに分かれます。

当事務所では、このうち行政手続を、お墓の解体・移築等の作業は許可を有する業者の方に委託し、共同で墓じまいを行います。

あまり意識されないことが多いのですが、行政手続等を業として代行するには司法書士、行政書士資格が必要です。

また、お墓の解体や運搬には一定の場合(工事金額や運搬先によります)、建設業許可や墓石等の運搬業許可が必要となります。

当事務所は司法書士、行政書士事務所ですので、改葬許可申請や、付随して必要となった法務局等への申請を承ることができます。

解体・移築につきましては、解体・建墓作業について建設業許可(石工事)、移動について運搬業許可(石、瓦礫類)の双方を保有する許可業者の方に委託して行います。

いずれも国家資格者、国家が認めた許可業者が行いますので、安心してお任せいただけます。

 

費用について

墓じまいの費用は、現在のお墓の場所、規模、状況、移転先、今後の供養の方法等により大きく変動します。

後で予想外の請求が届くという事のないよう、費用につきましてはあらかじめ現場を確認した上で見積もりをお出しします。

また、移転自体の費用のほか、閉眼供養・魂抜き、離壇料、納骨法要などの費用が生じることがあります。

費用について

費用について

 

相続等についてもご相談ください

当事務所は上述のとおり司法書士事務所でもありますので、墓じまいに伴って相続手続などが必要となった場合も対応することができますので、ご相談ください。

司法書士・行政書士 金田けいすけ事務所 メインサイト